こんにちは。最近は我が子の入学前だったり、親父も仕事が忙しかったりで中々自然に遊びに行けてませんが、今日は世田谷区にある羽根木プレーパークにやってきました!

この羽根木プレーパークは、プレーパークの元祖らしく、とってもワイルドな公園です。

blog_IMG_8101
プレーパークとは?wiki引用
プレーパークは、従来の公園、既成のブランコ、シーソー、鉄棒などがあるようなお仕着せの遊び場と違い、一見無秩序のように見えて、子供たちが想像力で工夫して、遊びを作り出すことの出来る遊び場、東京都世田谷区羽根木プレーパークがオープンして、この言葉が日本でも広く知られるようになった。 

ようは、子供が自己責任のもと想像力いっぱいで好き勝手遊べる公園!
普通の公園ではいまいち満足できない我が子にはピッタリですね。

こんな危ないところに登ったり、

blog_IMG_8110

切り株で出来た餅つき?

blog_IMG_8108

木に結ばれたロープでターザンしたり。これスタートは結構高い所から飛ぶんですよ。

blog_IMG_8091


屋根に登る子供たちを見て我が子も真似してます。

blog_IMG_8105


どうしても物置の上に登って、忍者ごっこがしたい我が子は、材木の山に登りはじめて

blog_IMG_8102


なんとハシゴを作り始めました。
プレーパークはトンカチや釘が普通においてあって勝手に工作をすることができます。
釘がそこら辺に落ちてたりするので気をつけないといけないのですが。 

blog_IMG_8092


ハシゴ完成です。ようやくよじ登ることができました!

blog_IMG_8094

その後はまた材木を使って焚き火!
これもプレーパークの特徴で、そこら辺で焚き火をやっても大丈夫です。
周りの子供達は焚き火で焼き芋や餃子を作ってましたよ。泥だらけの手で作った
餃子はどんな味でしょうかw

blog_IMG_8098

ああああ・・愛娘の顔が汚れすぎて汚い・・
でも愛娘も廃材を拾って焚き火を頑張って管理していましたよ。

blog_IMG_8103