いまこの土地をなんとか買いたいと思っています。自然に囲まれ、目の前には用水路が流れ、カワセミやシラサギ、カルガモの赤ちゃんなど。100坪以上の庭と、さらに裏からは湧き水が流れていて。まさに別天地!

しかし上記の写真はgoogleストリートビューの写真ですが、今どうかというと


このようにジャングル状態。一年前この建物にはある建築事務所さんが賃貸で借りていたそうなのですが、退居されてからは誰も住まずに放置されていました。古民家というのはたった一年人が住まないだけでこんなにも荒れ果ててしまうんですね。

以前は毎日のようにこの家の前通って、こういうところに住みたいねーと話してました。学校に行くにも近く、子供達にとっても最高の遊び場です。こんなところに理想の家が建てれてら最高ですよね。

しかし大きな問題が2つあります。
1つ目はこの土地と建物が誰のものか、そもそもわからないのです。当然売りに出ている土地でもありません。謄本から所有者さんを調べて直談判しかありません。そもそも連絡が取れるのか。仮に取れたとしても売ってもらえるのか。

2つ目はこの土地が建築基準法上の道路に面していないため再建築不可になっているのです。再建築不可だと銀行の住宅ローンが組めないのでキャッシュになります。また建て替えが出来ないのでリノベーションするしかありません。

2つともかなり重い問題です。